椎間板ヘルニアを完治させ坐骨神経痛と足の痛み、足のしびれの原因を改善

椎間板ヘルニアを完治させ坐骨神経痛と足の痛み、足のしびれの原因を改善

椎間板ヘルニアと坐骨神経痛の根本原因

突然ですが私もヘルニア患者です。
腰をやってしまっています。
しかし敵を知り己を知ればの精神でリハビリなどをして、今では普通に生活しています。
さぁ一緒にヘルニアという敵を知りましょう。

 

椎間板ヘルニアとは?

 

腰の骨は、腰のところにある背骨で5つ積み重なってできています。
そしてこの骨のなかに腰を曲げたり伸ばしたりする動きを補助し衝撃などを吸収する椎間板が存在します。
ヘルニアとはこれが本来あるべき場所から飛び出している状態です。
要するになんらかの要因で本来あるべきところから飛び出し、さらにその飛び出した先で神経などにぶつかって障害がでてしまうのが椎間板ヘルニアの簡単なイメージです。

 

 

恐らく多くの場合はこの飛び出したものは坐骨神経という背骨からお尻、太ももの後ろにまわりふくらはぎまで分布する神経に接触します。
そうすると足のいたみや足のしびれなどの障害がでてきます。
椎間板の飛び出し具合によっては他にも筋力低下や感覚異常、またはそれらの複合状態なんてこともあるかもしれません。
とにかく異常を感じたらすぐに病院で精密検査を受けましょう。

 

 

特にわかりやすい場合だと筆者の経験では腰から足にかけて稲妻が走った感じの痛みがでてきます。
洗顔などの前かがみの動作はホント地獄です。
ギックリ腰などでも言えることですが、くの字に背中を曲げてしまう疼痛性側彎にも注意が必要です。
ほんとこれは一目で痛さが分かります。

 

病院のリハビリ

 

最近では病院にいくと早速手術をしましょうと言うような自体にはほとんどなりません。
最近は保存療法という手術をしないで治療を行うのが原則なんだそうです。
昔に比べて鎮痛剤の効果が飛躍的に進歩したことなどが大きく、
仕事などで長期的な治療が難しかったり、鎮痛剤などで痛みのコントロールが出来ない場合などは手術をおこう感じだそうです。

 

痛みの軽減ではブロック注射と呼ばれる、痛い場所の近くの神経に薬を注射して痛みをコントロールする方法などもあります。
痛いのは仕方のない事ですが、腰痛体操に代表される腰痛ケアをおこなったり、
常日頃から予防やストレス発散をかねてストレッチなどの運動で身体を軟らかくしておくなども効果的です。

 

 

 

正直筆者も病院にいき、椎間板ヘルニアですとドクターに先刻されたときは、すごくショックでした。
しかし今はある程度の再発するかもとかの恐怖はありますが、
なんだかんだで生活に支障が出ない範囲でやっていけています。

 

しっかりとドクターなどの医療従事者と相談して、
日常生活で変えていける事があればかえるくらいの感覚でも、
完治とはいかないかもしれませんが、寛解には持っていけます。
病気を恐れずに、病気を知りましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ